賃貸物件を探すなら! 気をつけたいポイント3選

自分にとって大切なポイントを考えよう

賃貸物件を探し始めると、いろいろと候補が出てきて決められない場合があります。そんな時は、自分が住宅に求めるポイントをピックアップしましょう。家賃が安いところがよい、最寄り駅に近いところがよい、建物の2階以上がよい、などです。すべてのポイントで満足できる物件はなかなかありません。「優先したいポイント」を決めておくと、スムーズに物件を契約できる場合もあります。好みの物件が見つからないときも、優先したいポイントが明確であれば妥協しやすいといえます。

なるべく早く行動を始めよう

賃貸物件を探すことを決めたら、まずは早めに行動を始めてみてください。だいたいの居住予定地は決まっているはずなので、そのエリアの家賃の相場を知るだけでも勉強になりますよ。賃貸物件を探すときは、転勤や進学がきっかけになることが通例です。これは世間一般でも引っ越しシーズンにあたるため、空き物件の争奪戦になります。そのため、早めに不動産業者と接触を持つことが大切なのです。あせって契約する必要はありませんが、早めに行動して損をすることはありません。

物件は必ず下見しよう

賃貸物件を探すとき、一番触れる情報は見取り図や現地の写真になると思います。これらは空き物件の情報を知るきっかけになりますが、決め手にはならないと覚えてください。物件が遠方にある場合はしかたがありませんが、原則として現地の下見は必ず行いましょう。見取り図や写真ではわからないことがあるからです。室内の状態はもちろん、周囲の建物の様子、ゴミ捨て場の管理状態をチェックすることをおすすめします。周囲の建物の様子をチェックするには、可能であれば昼と夜の両方に行くとよいでしょう。

森の賃貸は、インターネット上に多数の物件が掲載されているため、パソコンやスマートフォンなどで手軽に情報収集が可能です。