本当に大丈夫?中古マンション選びならホームインスペクション

中古マンション選びで多い失敗とは

中古マンションを購入したものの、住み始めてから欠陥に気づいてしまったというのはよくある失敗です。もう少し注意深かったら気づいていたのにという場合もあれば、明らかに気づかないような瑕疵が見つかってしまうこともあります。隠れた瑕疵については賠償を求めることも可能ですが、よく資料を見返してみたらその瑕疵が契約関連の書類に記載されている場合もあるでしょう。本当にその中古マンションで大丈夫なのかと疑いの目を持つことは重要です。

安心のためのホームインスペクション

本当にこの中古マンションで大丈夫かと少しでも疑問に思ったら、ホームインスペクションを依頼してみましょう。自分で手配して実施してもらうことも、不動産会社経由で売主に実施を求めることも可能です。ホームインスペクションを実施してもらえば見た目でわかる欠陥から、隠れた瑕疵まで全て発見してもらうことができるでしょう。将来的に必要になる修繕の可能性などについても調べてもらえるため、安心した上で中古マンションを購入できます。

ホームインスペクションは業者選びも大切

自分で行う場合でも売主に依頼する場合でも、ホームインスペクションを行う業者選びには注意しなければなりません。証明書を発行してもらえてもしホームインスペクションにミスがあったら補償してもらえるでしょう。しかし、それまでに倒産してしまうような業者を選んでしまうと元も子もありません。どうせなら何もトラブルがない方が良いのも当然であり、ホームインスペクションを依頼するときには優秀な建築士を抱えている信頼性の高い業者であることを重視して選びましょう。

リノベーションマンションの契約方法を正しく理解するために、信頼度の高い管理会社や不動産会社にお世話になることがコツです。