覚えておきたい!賃貸物件を借りる際に発生する初期費用

賃貸契約時には敷金や礼金の支払い準備が必要

賃貸物件を借りる際には、初期費用がいくらかかるのか計算しておいたほうが無難でしょう。初期費用として良く知られているのは、敷金や礼金などの出費ですね。ただし近年は、敷金礼金無料の賃貸物件も増えてきました。礼金は一度支払えば戻ってくることはありません。一方で敷金は、賃貸物件から退去する際の補修費用に充てられ、余った額は返金が受けられます。ただし敷金が戻る保証はないことから、返金をあてにするのは禁物ですね。

不動産業者の仲介手数料の支払い

賃貸物件を探したり賃貸契約を交わす際、賃貸契約の当事者の他に不動産業者が介在しているケースが多いでしょう。不動産業者から何らかのサポートを受けた場合には、仲介手数料を業者に対して支払わなければなりません。賃貸契約の不動産仲介手数料について一般的な相場は、賃料の1カ月分程度が妥当ですね。また不動産業者によっては、賃貸物件の仲介手数料を半額あるいは無料としている場合もあるため、初期費用の節約ができますよ。

賃貸保証料が初期費用に含まれるケース

賃貸物件によっては初期費用の一環として、賃貸保証料を支払わなければならない場合があります。賃貸物件を借りる際には事前に保証人を探す必要がありますが、保証会社が代理を務めるケースが増えてきました。保証会社が保証を引き受けて物件を借りる場合には、賃貸保証料の支払い義務が発生します。また賃貸保証料は、新規の契約時だけでなく契約更新時にも支払い義務が生じるため、更新時にも費用の用意を忘れないようにしましょう。

菊水の賃貸には新築物件も多数存在するため、清潔感のある住環境や最新の設備などを求めている場合には最適です。